アフリカの衣装 IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM







IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUMにアフリカの衣装展を見に行ってきました。
b0198131_11182160.jpg
こちらはコンゴの女性儀礼用巻衣装(ンチャック)
ラフィア椰子の繊維で織られアップリケが施されています。
カンガみたいにこの模様にも何か意味があるのかな?




b0198131_1127175.jpg
上から巻いてきて(最近では胸から、昔は胸の下から。帯みたいに巻き始めは無地になっています)
一番裾の表に出る所には草ビロードみたいな細かいフリンジが。
ラフィアをこんなしなやかな布になるまで叩いて織る作業はとてもとても手間がかかっていて、
一生かかっても数枚しか出来ないそう。





b0198131_1125298.jpg
同じくコンゴの男性儀礼用衣装(マフェル)。
貝殻がラフィアの刺繍でとめてあり、カットワークのところもラフィア刺繍です。





b0198131_1131879.jpg
衣装ではありませんが目に留まったのは、ガーナのファンテ族の旗。
アサフォと呼ばれた軍隊の旗で、アップリケや刺繍で格言やことわざが表現されていて
強さの象徴とされたそう。
1957年までイギリスの植民地であった為、隅にユニオンジャックが必ず配置されています。
強さの象徴と言っても、手仕事の素朴さがかわいらしくしてしまいますね。




岩立さんのコレクションは何を見ても素晴らしいのですが、これまでアフリカのものは余りたくさん見た事が無かったのでとてもよかったです!


自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージーアムIWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM
8/17まで開催中です。

秋にはインドの展示があるそうですよ。楽しみ♪






ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]
by mika---mika | 2013-07-22 10:31 | お気に入り