タグ:美術館・博物館 ( 14 ) タグの人気記事







IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUMで開催中の


日本の衣- 原紙布や野良着の美しさ -The Beauty of Old Japanese Textilesを観てきました。
b0198131_10184571.jpg
江戸時代から昭和までの庶民の普段着の展示です。


刺し子や南部菱刺し、丹波布、藍染め、絣、芭蕉布、裂き織、柿渋や油紙で防水した道中合羽、紙で織られたもの、
蓑、ハギレで作った米袋や物入れ、火消しのぎっしり刺し子がほどこされた丈夫な帽子や半纏、大胆な型染めの風呂敷.......などなど。


生活の創意工夫から生まれ、昔は生活の一部だった日本の素晴らしい手仕事を見ることが出来ました。


あらためて自国の文化の素晴らしさに心打たれました。


ご興味のある方は是非♪


八月の半ばまで開催中ですので、夏休みにお子さんといらっしゃるのもよいのではないかと。






IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM 岩立フォークテキスタイルミュージーアム

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1ー25ー13 岩立ビル3F
TEL:03-3718-24 61

東急東横線、大井町線 自由ヶ丘駅から歩いて3分くらい。


日本の衣- 原紙布や野良着の美しさ -The Beauty of Old Japanese Textiles

会期:2014年5月8日 - 8月16日 木(Thu)・金(Fri)・土(Sat) 開館

開館時間/10:00〜17:00(入館は16:30まで)

入館料/300円
















ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)
イーココロ!クリック募金
[PR]






b0198131_1552462.jpg
先日、IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM (岩立フォークテキスタイルミュージーアム)で開催中の
"豊かなインドの針仕事 "を見に行ってきました。


以前にもご紹介しましたが、染色家の岩立広子さんのミュージーアムで、
今まで集めてこられた世界各国の布を見ることが出来ます。


今回はインドのもので、婚礼や儀式の際などに使用する素晴らしい刺繍の布や衣装が展示されていました。



b0198131_18174058.jpg
畝になっているとこは全部刺し子です。細かい!



b0198131_18171037.jpg
魔除けや、五穀豊穣、子孫繁栄....様々な祈りが込められた模様が 、織り、刺し子、刺繍、アップリケなどで
表現されています。
ルーペで見ないとわからないくらいの細かさのものもあります。
植物や動物をモチーフにした模様は、とても素朴でかわいらしい。
(こちらの写真は本展で購入可能なポストカードより)




b0198131_18245279.jpg
こちらの本で紹介されているものも多々見ることが出来ました。
興味のある方にはこの本もとても充実した内容でおすすめです。



とても良かったです。
こちらの展示は12月21日まで開催。興味のある方は是非♪



第14回展 開催 「豊かなインドの針仕事」
- 村の女性の縫い、刺繍、アップリケ -
会期:2013年9月5日 - 12月21日 (期間中/木・金・土曜日開館)
HP:http://iwatate-hiroko.com/









ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)
イーココロ!クリック募金
[PR]




ハワイ諸島カウアイ島の南西にあるニイハウ島。


一般の人の立ち入りは禁止されている個人所有の島で、電気も水道も無く
今でもハワイの文化と伝統を守り生活をしているそうです。


その海岸で採れる直径2ミリ程の小さな貝殻はニイハウシェルと呼ばれ、
島の人々が作る美しいレイの材料になります。
貝殻の色や大きさを揃えてつなぎ合わせるのは大変な作業で、ひとつのレイを作るのに数年かかることもあるという
とても貴重なものだそうです。



b0198131_2138388.jpg
ニイハウシェルのレイはとてもとても美しいものでした。

充分に価値はあると思うのですが、欲しいと思うものは私にはあまりに高価すぎました.....
せめて本だけでもと、先日ご紹介したビショップ・ミュージアム BISHOP MUSEUMで求めてきました。



本を眺めているだけでもうっとりして時間を忘れます。
もちろんジュエリー作りの参考にもしています。





***  ワークショップとイベントのお誘い  ***

→ ワークショップ "ラフィアと裂き編みのちびかご"

→ "小さなHAWAI'Iマーケット"LITTLE ALOHA SATURDAY

こちらもどうぞ宜しくお願いします。











ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)
イーココロ!クリック募金
[PR]





"小さなHAWAI'Iマーケット"LITTLE ALOHA SATURDAY出展にちなんで......Hawai'iのことを少し。



b0198131_15295066.jpg
ハワイ・オアフ島ホノルル郊外にあるビショップ・ミュージアム BISHOP MUSEUM。



1889年に設立。
王家最後の直系子孫であるカメハメハ一世のひ孫バニース・パウアヒ王女が亡くな り、夫であるチャールズ・リード・ビショップが妻の追悼と彼女が受け継いだ王族の宝物・ハワイ文化遺産保護ために設立しました。

写真のハワイアンホールは、ビクトリア様式の建物で外壁は溶岩だそうです。






b0198131_1161995.jpg
内装はハワイ原産のコアの木が多く使われていて、古代ハワイから19世紀までのハワイ・ポリネシアの美術・工芸品
200万点以上を見ることが出来ます。

ニイハウシェルの装飾品やラウハラ細工、コアの木で出来たアウトリガーカヌーや木工品、
王族の象徴カヒリなど、とても素晴らしく印象に残っています。



機会があれば、また是非立ち寄ってみたいです。
みなさんにもおすすめしたいです♪




*** Hawai'iがテーマのちいさなイベントに参加します ***
→ "小さなHAWAI'Iマーケット"LITTLE ALOHA SATURDAY
→ ワークショップ
こちらもどうぞ宜しくお願いします。






*ビショップ・ミュージアム Bishop Museum*

1525 Bernice Street
Honolulu, Hawaii 96817-2704

電話番号:国番号 1+ (808) 847-8291
Fax番号: 国番号 1+ (808) 843-8014
*日本語で問合せ可能。

9:00am~5:00pm (毎週火曜日と12/25のクリスマスは休館)
入館は4:30pm まで。

HP→  http://www.bishopmuseum.jp/aboutus.php








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)
イーココロ!クリック募金
[PR]
by mika---mika | 2013-08-31 11:17 | | Comments(0)







北欧・フィンランド・ ヘルシンキ郊外のフィスカルス。

17世紀から製鉄業で栄えた村で、今ではデザイナー、アーティストが移り住み

デザイナーズビレッジとして注目を集めています。

刃物で有名なフィスカルス社など、製鉄業で栄えた17世紀ころからの歴史を垣間見ることが出来る博物館。
b0198131_1257525.jpg





b0198131_13323326.jpg
フィスカルス社のシンボル、大きな鋏。
ここに暮らした職人達の住まいや生活ぶりを再現。ファブリック類がとても素敵でした。




b0198131_14533031.jpg
フィスカルス社の製品見本。ポットも素敵だったな。
鋏や古くから使われている生活道具などを扱っているミュージーアムショップもあります。




古い一軒家を改装した、小ぢんまりしたかわいらしいミュージーアムでした♪


Fiskars Museum フィスカルス博物館
開館時間: 5月-9月 月-金 11:00-17:00 土日 11:00-16:00
     10月‐4月 火曜日のみオープン 15:00-18:00
HP→http://www.fiskarsmuseum.fi/en/home








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)
イーココロ!クリック募金
[PR]
by mika---mika | 2013-08-26 11:02 | | Comments(2)






IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUMにアフリカの衣装展を見に行ってきました。
b0198131_11182160.jpg
こちらはコンゴの女性儀礼用巻衣装(ンチャック)
ラフィア椰子の繊維で織られアップリケが施されています。
カンガみたいにこの模様にも何か意味があるのかな?




b0198131_1127175.jpg
上から巻いてきて(最近では胸から、昔は胸の下から。帯みたいに巻き始めは無地になっています)
一番裾の表に出る所には草ビロードみたいな細かいフリンジが。
ラフィアをこんなしなやかな布になるまで叩いて織る作業はとてもとても手間がかかっていて、
一生かかっても数枚しか出来ないそう。





b0198131_1125298.jpg
同じくコンゴの男性儀礼用衣装(マフェル)。
貝殻がラフィアの刺繍でとめてあり、カットワークのところもラフィア刺繍です。





b0198131_1131879.jpg
衣装ではありませんが目に留まったのは、ガーナのファンテ族の旗。
アサフォと呼ばれた軍隊の旗で、アップリケや刺繍で格言やことわざが表現されていて
強さの象徴とされたそう。
1957年までイギリスの植民地であった為、隅にユニオンジャックが必ず配置されています。
強さの象徴と言っても、手仕事の素朴さがかわいらしくしてしまいますね。




岩立さんのコレクションは何を見ても素晴らしいのですが、これまでアフリカのものは余りたくさん見た事が無かったのでとてもよかったです!


自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージーアムIWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM
8/17まで開催中です。

秋にはインドの展示があるそうですよ。楽しみ♪






ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]





フィンランド・ヘルシンキにあるフィンランド国立博物館 National Museum of Finland。
石器時代から始まり、現代までの様々な歴史を見ることが出来ます。
b0198131_9193154.jpg




極々一部をご紹介。

b0198131_922870.jpg
年代別に色々な衣類や生活道具が展示されているところ。
刺繍のエプロンや手織りのマフラーがかわいいこちらは1940年代。





b0198131_9275876.jpg
民族衣装もたっくさんありました。
なぜ民族衣装ってこんなに素敵なんでしょう!






b0198131_925479.jpg
民族衣装の一部、刺繍の資料も色々見る事が出来てとても良かったです。
手織りのベルト、刺繍.....装飾やアクセサリーもとても素敵でした。






b0198131_925143.jpg
刺繍の枠がいいですね。奥はボビンレース。気が遠くなる様な作業、その分繊細でとても美しいです。






b0198131_9253351.jpg
もちろん白樺細工の雑貨類も。編んでみたい......






b0198131_920197.jpg
ヘルシンキの中央駅から歩いて10分くらい、緑に囲まれた気持ちのいい場所です。
1910年完成の、塔のある教会みたいな煉瓦造りの建物も趣があって見所満載で素敵でした。



フィンランド国立博物館→ 
           →








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]
by mika---mika | 2013-05-28 08:56 | | Comments(2)






*(昨日の記事...リンクが上手く出来ていませんでした。すみませんでした。直しましたので宜しくお願いします。)
昨日行った岩立フォークテキスタイルミュージーアムで、とても素敵な本2冊に出会いました♪
b0198131_10505287.jpg
インド-大地の布...民族染色研究家の岩立広子さんが40年以上かけて7500点収集されたという世界の染色品の一部が紹介されています。



インドの地方別に、織や刺繍...さまざまな民族の布製品が、プリントやミラーワークなどかわいいものがたくさん♡
こちらは、ベンガル地方の婚礼の時に床に敷くものだそう。
生命の樹を表すペイズリーやお祝いをする人々などが刺繍されています。
b0198131_12405317.jpg
出典:インド-大地の布

b0198131_10534746.jpg
帰って開いてみたら、サインが!何がどうなるわけでもないけど、ちょっと嬉しかったな♪






b0198131_10512146.jpg
糸から布へ...発売されたばかりのこの本は、世界中の編み物.織物・カゴなどを作る技法が
図解入りでぎっしり。
結び方やカゴの編み方の本など何冊か持っているけど、この本は全てが網羅されていてすごいです。
専門書っぽくてつまんなそうって思うかも知れませんが、手芸好きにはたまらない技法が満載なんですょ♪
出版されたばかりなので、大きい本屋さんには並んでいるかも?



重たかったぁ...けど、買ってよかった素敵な本2冊のご紹介でした。
みなさんがよいなと思われた本なども教えてもらえたらうれしいです♪


おまけ....ミュージアムの外にこんなかわいいものがぶら下がっていました。
ヤシの繊維みたいなものに糸をぐるぐる巻いたものみたい。どこのものでしょうね?
b0198131_14524179.jpg







***ワークショップのご案内♪→ MIKA MIKA Handicraft Lab .vol.7  "裂き編みカゴの刺繍入りピンクッション"








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]



今日は友人と自由が丘へ...
IWATATE FOLK TEXTILE MUSEUM「柚木沙弥郎の世界」展に行って来ましたょ♪
ずっと行きたいなと思っていたところ。
民族染色研究家の岩立広子さんが2009年に開館されたミュージアムです。
b0198131_1841961.jpg




柚木沙弥郎さんは画家の家に生まれ、型染めを中心とした染色で有名な芹沢銈介さんに師事。
作品はどれも大胆でモダン、そしてあたたかいユーモアにあふれています。
91歳の今も現役でいらっしゃるそうです。すごいね!
(写真は撮れなかったのでごめんなさいね...名前のところのリンクで詳しく見れます。)



今日はラッキーなことに、師事されていた柚木沙弥郎さんの展覧会ということもあり、
館長でもある岩立さんご本人のギャラリートークを伺うことが出来ました。

私なりに心に残ったことを少し...
作家というものはどんどん作品が作れるものではなくて、何かを見たり体験したりして心が動いた時に創りたい物が湧き出て来るものだというお話や、染色作家を志しておられた時に疑問と行き詰まり?を感じ、インドに長いこと何度もいらして、毎日毎日何度も同じことを繰り返し一心に作業をする職人に、熟練の技と真にものを作るということを見た。とおっしゃっておられました。

岩立さんの柚木沙弥郎さんや染色についての静かで熱いトークは尊敬と愛情に満ちていました。
お話を伺っていたらちょっとウルウルしてきちゃっいましたょ。ホント。
会期は4月13日までです。

一緒に行った友人の記事。岩立さんの違うお話など...こちらもよろしかったら→  




ランチはカジュアルな薬膳料理のZEN ROOMで、お茶はミュージーアムのお向かい、リンツショコラカフェでホットチョコレートをいただいてきました。どちらも美味しかった。おすすめです!


あとはチェック&ストライプでかわいいものを見て...
オークヴィレッジ自由が丘ショールームの「アートギャッベと木のソファ展」も覗いてきました。
家具もギャベも素敵でした。



手芸や生地の話に花が咲き、とても楽しい一日でした。誘ってくれた友人に感謝。
とても素敵な本にも出会えました♪
つづきはまた明日ね。




***ワークショップのご案内♪→ MIKA MIKA Handicraft Lab .vol.7  "裂き編みカゴの刺繍入りピンクッション"








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]






バルト三国、エストニア・タリン旧市街にある工芸美術館。
Estonian Museum of Applied Art and Design
b0198131_14293047.jpg


蔦が色づいてとても奇麗だったなぁ。今頃はもう雪ですね。
b0198131_12502138.jpg


美術館の裏側。17cに建てられた建物がそのまま使われています。
b0198131_1250133.jpg
重々しい感じ。



テキスタイル・アート、陶磁器、革製品、ガラス、ジュエリー、金属製品、家具やプロダクトデザインなどが展示されていました。
b0198131_12401845.jpg


織物がかわいかったな♡色も柄も。細長いから、テーブルランナー?
b0198131_12403486.jpg


60'〜70'の大きなタペストリー。
b0198131_12515991.jpg



b0198131_12523077.jpg

もっと手工芸品があるのかな?と思ったのですが、それはそうでもなかったです・・・
行ったときは60'〜70'の企画展をやっていて、団地の模型とかもあったりして生活振りまで。
ポスターとかもかわいかったな。


タリン旧市街を散策される機会があったら、建物も素敵だし寄ってみてね♪
受付の小柄でちょっとポッチャリしたおばちゃんが、お洒落でかわいらしくて親切でした。




日本のガイドブックにも出ていますが、一応HPを。
Estonian Museum of Applied Art and Design
17 Lai Street
10133 Tallinn, Estonia
Phone +372 627 4600, ticket desk +372 627 4611, fax +372 6274601

OPENING HOURS :Wednesday-Sunday 11.00-18.00.
Closed on Mondays, Tuesdays and public holidays.








ここをポチッとやるだけで、自分が支援したいことへ一日一回一円の寄付が無料で出来ます。
(スポンサーが変わりに寄付してくれるそう)

イーココロ!クリック募金
[PR]