島のアート








島の文化、歴史、アート。



奄美大島の歴史や文化を知るため、奄美パークへ。



島の自然や生活、お祭りなど、文化や歴史の資料館。




その中にある、田中一村記念美術館
島の古い建築様式の高倉を模した建物で、館内は木を多く使っています。
天井の、和紙を使った大きな照明が印象的だったな。
2M四方くらいはあった様な?
b0198131_9532532.jpg





一村は日本のゴーギャンとも呼ばれた日本画家。知らなかった。
島の自然に魅せられ移住し、大島紬の染色工として生計を立てながら、清貧と孤独のなか
島の自然を描き続けた人らしい。
b0198131_952302.jpg
南国の自然、植物や鳥をモチーフに、繊細でありながら力強さを感じる作風でした。


島の自然に魅せられる気持ち、解る。


地方の美術館は本当に誰もいなくて静かで、ゆっくりと観られていいですね♪


島の話、も少し続きます。
[PR]
by mika---mika | 2012-07-12 10:45 | アート | Comments(2)
Commented by bag-to-go at 2012-07-12 12:46
「田中一村」・・・好きで東京で開催された展覧会には行ったことがあります。
いつか奄美大島の美術館にも行ってみたいなぁ。
島の古い建築様式の高倉を模した建物・・も素敵ね!
Commented by mika---mika at 2012-07-12 20:15
to-goさん、知ってた?さすが!
ご存命の間は、そんなに日の目を見なかった様だけど・・・東京でもやったことあるんだね。
奄美に行く機会があったら、美術館も寄ってみて。
沢山ゆっくり観れるよ^^